日本ヨハン・シュトラウス協会 19世紀舞踏研究会
The Johann Strauss Society of Japan Vintagedance Society
画像1
舞踏会について
舞踏会の模様
日本ヨハン・シュトラウス協会では年に約2回、舞踏会を行っています(2020年以降は社会情勢を考慮し、開催を見合わせしていましたが、2024年より小規模な舞踏会を再開) 。

一般的な社交ダンスではなく、大変珍しい、ヨハン・シュトラウスの生きていた時代、19世紀のヨーロッパを中心としたダンスを踊ります。この試みは、日本でここだけです。

また、月に1回ダンスサロンを開きウィンナワルツ・ポルカ・ギャロップはもちろんのこと、参加者全員で踊る楽しいダンスや、舞踏発表向きの少し凝ったダンスなど、開催される舞踏会・発表会にあわせ練習をしています。
サロンで習った成果を、舞踏会等でおおいに発揮してください!
19世紀舞踏研究会とは
イギリスよりリビー先生を招いてのサロン
日本ヨハン・シュトラウス協会19世紀舞踏研究会は、日本ヨハン・シュトラウス協会の有志が立ち上げたグループです。

ここでは、ダンスを楽しむ事はもちろん、知識の交換・吸収ができます。
シュトラウス時代の歴史背景や文化芸術、ウィーン等の舞踏会などなど、興味のある分野で是非一緒に楽しんでいきましょう。詳しくはこちらを御覧下さい!
また定期的にひらかれているサロンの情報は、このページの最後に掲載されています。
CONTACT
連絡先はこちらです。気になる事・ご意見・ご質問等、遠慮なくご連絡下さい。皆さまのご連絡をお待ちしております。

メールアドレス   t.vintagedance@gmail.com
「国際都市新宿・踊りの祭典2024」にて有志が舞踏披露いたします
2022年の模様
一年ぶりに開催される「国際都市新宿・踊りの祭典2024」に、ダンスサロンの有志が6回目の出演を果たします。

昨年は、会場の改装工事の都合で開催されませんでしたが、急遽5月25日に開催が決定!5月12日に行われた、日本ヨハン・シュトラウス協会管弦楽団の、演奏会での舞踏披露もあり、スケジュールが完全に衝突する中での出演となります。

メンバーはただいま、てんやわんやで練習中です。良い舞踏を披露いたしますので、是非会場までお越しください。

「国際都市新宿・踊りの祭典2024」公式ページはこちらです。会場は例年と違い、四谷区民ホールです。お間違いなきようお越しください。私達の出番は、14:00~を予定しています。どうぞお楽しみに!
レガスまつり2024にお越しくださりありがとうございました!
参加メンバーと
レガス祭りにお越し頂いた皆様、ありがとうございました。

恒例のワークショップも、いつもより種類を増やしての開催となり、皆様には楽しんでいただけたようです。

素晴らしい催しに出演の機会を作ってくださった、主催者の皆様方に感謝いたします。
舞踏披露のご案内とサロンからのお知らせ
レガス ワークショップの参加者と記念撮影
桜も咲き揃い、地上に春が降り立ちました。

ダンスサロンは1月舞踏会をスタートして、4月13日は新宿レガスに出場します。今回は19世紀初頭を体験するワークショップもあり、参加者一同お越しの皆さまをディケンズやオースティン、ナポレオンの活躍するイマーシブ体験へご案内します。

また5月12日はシュトラウス協会管弦楽団と共演する機会もあり、有志で練習しています。

そして5月後半25日は四谷区民ホールにて舞台出場です。 なかなか練習する場所が取れずもどかしいですが、どの会も真面目に取り組んでいます。
いずれも無料でご参加頂けますので、皆さまのお越しを一同楽しみにお待ち致します!

舞踏会の他にもこうした催しにご興味ありましたら、ダンスサロンへどうぞ。

5/3(金・祝)
6/2(日)
6/22(土)
いずれも白金いきいきプラザ 13:30開始です。
2018年・2019年の「国際都市新宿・踊りの祭典」出演動画の全編を掲載いたしました
これまでは、総集編での公開でしたが、このたび全動画公開となりました!有志による舞踏のすべてを、改めてお楽しみください!
ダンスサロンのご案内
© The Johann Strauss Society of Japan