日本ヨハン・シュトラウス協会 19世紀舞踏研究会
The Johann Strauss Society of Japan Vintagedance Society
画像1
舞踏会について
舞踏会の模様
日本ヨハン・シュトラウス協会では年に約2回、舞踏会を行っています。

一般的な社交ダンスではなく、大変珍しい、ヨハン・シュトラウスの生きていた時代、19世紀のヨーロッパを中心としたダンスを踊ります。この試みは、日本でここだけです。

また、月に1回ダンスサロンを開きウィンナワルツ・ポルカ・ギャロップはもちろんのこと、参加者全員で踊る楽しいダンスや、舞踏発表向きの少し凝ったダンスなど、開催される舞踏会・発表会にあわせ練習をしています。
サロンで習った成果を、舞踏会等でおおいに発揮してください!
19世紀舞踏研究会とは
イギリスよりリビー先生を招いてのサロン
日本ヨハン・シュトラウス協会19世紀舞踏研究会は、日本ヨハン・シュトラウス協会の有志が立ち上げたグループです。

ここでは、ダンスを楽しむ事はもちろん、知識の交換・吸収ができます。
シュトラウス時代の歴史背景や文化芸術、ウィーン等の舞踏会などなど、興味のある分野で是非一緒に楽しんでいきましょう。詳しくはこちらを御覧下さい!
また定期的にひらかれているサロンの情報は、このページの最後に掲載されています。
CONTACT
連絡先はこちらです。気になる事・ご意見・ご質問等、遠慮なくご連絡下さい。皆さまのご連絡をお待ちしております。

メールアドレス  t.vintagedance@gmail.com
11/12(土)「国際都市新宿・踊りの祭典2022」にお越し頂きありがとうございました!
メンバー全員で記念撮影!
ハプニングもありましたが、無事終える事が出来ました!お越し頂いた皆様、ありがとうございました。

当日の模様は改めてこちらにて掲載いたします。お楽しみに!

公式ページはこちらです。
プロモーション動画も公開されていますので、是非御覧ください。
9/24(土)25(日)に行われた「入間の乱」にダンスサロンの有志が出演いたしました!
9/30付埼玉新聞記事
9/24参加メンバー
9/25参加メンバー
入間の乱は、 『入間の街をサブカルチャーの新聖地にしよう』というコンセプトで開始された、地域密着型イベントです。

今回、イベントの一環として入間の洋館旧石川組製糸西洋館特別に舞踏披露をさせて頂く事となり、ダンスサロン含めた有志のべ18名で、2日にわたり鹿鳴館風舞踏の再現を試みました。

大勢の方に見学して頂き、明治の風を感じて頂く事が出来、大変好評でした。
このような機会を頂き、本当にありがとうございました。

入間の乱公式ページはこちらです。

旧石川組製糸西洋館公式ページはこちらです。この洋館は、築約100年、大変趣のある木造洋館で、和室・洋室特に舞踏室や貴賓室を備えた当時の風俗を身近に感じる事が出来る、大変素敵な建物です。是非訪れて、明治の時代を感じて頂ければと思います(公開日時がきまっていますのでホームページをご確認下さい)。
4月2日のレガスまつり2022にお越しくださった皆様ありがとうございました
ランシェで大盛り上がり!
ワークショップにご参加頂いた皆様と
メンバーで記念撮影!
このたびレガスまつり2022へ無事参加して参りました。

当日は立ち見する方も出て補助席を追加する大盛況となりました!
ありがとうございます!!

鹿鳴館舞踏会の再現をするにあたり、舞踏会の雰囲気を出すため、演技を取り入れてお芝居仕立てにしました。

衣装の解説やパニエの試着、ダンスワークショップを盛り込んだところ、希望者続出しじゃんけんやアンコールをいただき、とても光栄な時間を皆様と共有することができました。

当日まで練習をがんばった方々、レクチャーコーナーで日頃の研究を発揮された方、衣装を提供してくださった方、そして当日まで広報を担ってくださった方、開催日にさまざまな場面におきましてお手伝いいただきました方、この発表は多くの方々の支えにより成功しました。
そして何よりお越しいただきました皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございました。
ダンスサロンのご案内
© The Johann Strauss Society of Japan