日本ヨハン・シュトラウス協会 19世紀舞踏研究会
The Johann Strauss Society of Japan Vintagedance Society

日本ヨハン・シュトラウス協会19世紀舞踏研究会TOP ♫ ダンスレパートリー

研究・発表内容
日本ヨハン・シュトラウス協会 19世紀舞踏研究会では、以下のダンスを研究・発表してまいりました。中には、日本で初めて披露されたものも多くあります。

またカドリーユの代表格である、こうもりのカドリーユを日本で初めて踊ったのも、日本ヨハン・シュトラウス協会でした。こうした復刻ダンスで、鹿鳴館プログラムの再現にも取り組みます。

これからも、珍しいダンスを研究・発表していきますので、ご期待下さい。
研究・発表しているダンス
リビー先生を招いての特別サロン
リージェンシーダンス
講師:
イギリスMrs Bennet's Ballroom主宰リビー女史)
架け橋カドリーユ:本邦初公開
扇のポロネーズ
ユニオン・カドリーユ
ポルカ・マズルカ デボラ
スライディングポルカ
スロヴァンカ:本邦初公開
ヨーロッパカドリーユ:本邦初公開
ワルツコティヨン:本邦初公開
マズルカカドリーユ:本邦初公開
喜歌劇「こうもり」カドリーユ
喜歌劇「ヴェネツィアの一夜」カドリーユ
カドリーユ・リュス
ポルカ・カドリーユ
喜歌劇「ジプシー男爵」カドリーユ
ランシェー・カドリーユ
各種コントルダンス
各種ポルカ
ウィンナーワルツ
© The Johann Strauss Society of Japan