日本ヨハン・シュトラウス協会 19世紀舞踏研究会
The Johann Strauss Society of Japan Vintagedance Society

日本ヨハン・シュトラウス協会19世紀舞踏研究会TOP > 19世紀舞踏研究会について

 "19世紀舞踏"は"ヴィンテージダンス"とも称され、現代に変わる事なく生き続けています。
 ウィーンをはじめとした欧米の舞踏会で必ず踊られる、"ウィンナワルツ"、"ポルカ"、"ギャロップ"、"カドリーユ"。これらは全て、"ヴィンテージダンス"なのです。
 "ヴィンテージダンス"は、たくさんの保存・研究活動団体が世界中で活動しており、一種の"無形文化財"といえるでしょう。

 欧米では、今も昔も"ワルツ"というと、"ウィンナワルツ"の事をさします。日本の社交ダンスでいうところの"ワルツ"は、欧米では"スローワルツ"や"イングリッシュワルツ"と呼ばれ、まったくの別ものです。
 近年では、旅行会社やインターネットのおかげで、ウィーン等の欧米の舞踏会が、格段に身近なものになりました。一方、参加することが身近になった分だけ、ダンスのマナーはおろそかに出来ない時代となりました。
 少なくとも、"ウィンナワルツ"。さらに"ポルカ"、"ギャロップ"、"カドリーユ"を身につけておくと、一晩中楽しむことが出来るでしょう。

 ウィーンをはじめとした欧米の舞踏会で必須である、上記のダンスこそが、"ヴィンテージダンス"そのものなのです。この数十年の間に、日本でも"ウィンナワルツ"が、踊られるようになってきています。これはまさに、"ヴィンテージダンス"を踊っているのです。

 ウィーンをはじめとした欧米の舞踏会で、必ずといっていいほど踊られる"ワルツ"、"ポルカ"、"カドリーユ"等の"ヴィンテージダンス"。これらの曲を作りあげた偉大な作曲家といえば、ヨハン・シュトラウスⅡ世を外すことは出来ないでしょう。
そして、彼の弟たち、ヨーゼフ・シュトラウス、エドゥアルト・シュトラウス。そして、その兄弟たちの父、ヨハン・シュトラウスI世。名前を知らない方でも、曲を聞けば必ず知っている、そんな数多くの名曲を私たちに残してくれました。
 "ヴィンテージダンス"と、ヨハン・シュトラウスは、切っても切れない深い関係があるのです。

 "日本ヨハン・シュトラウス協会 19世紀舞踏研究会"では、"ワルツ"をはじめとした"ヴィンテージダンス"はもちろんのこと、20世紀に入り姿を消してしまった数多くの19世紀舞踏を研究・再現し、発表しております。
 19世紀がテーマの映画や小説の中の登場人物たちが、生き生きと、時に悲しく踊っているあのダンスを知りたいと思った方は、ぜひ体験してください。物語の世界観や音楽のすばらしさを、あわせてご理解頂けると思います。

ページのTOPへ